社会学(主に地域社会学と医療社会学)を専門にする伊藤研究室(新潟大学人文学部)のサイト。日々の調査・研究活動や書評、教育・ゼミ活動、著訳書、論文、小論、学会発表を紹介する記事を掲載しています。

最新記事

「石川・新潟・山形 3県における『手話の失語症』の実態調査」『言語聴覚研究』20(4)掲載

これまで適切な検査がなされてこなかった「手話の失語症」の検査法確立に向けて、実態把握のための基礎的な調査が行われました。私は、その調査の調査票の設計と分析で関わらせていただきました。 書誌情報 要旨 「手話の失語症」者への支援の実態とその課…

2024年度学部ゼミ案内~人間と人間以外のものたちによるケアに根ざした地域社会学を構想する

2024年度社会学分野ゼミ説明会で配布する資料です。 まえがき 社会がさまざまなかたちで分断されるなかで、私たちは、いかにして「ともに生きていくこと」(共生)ができるのだろうか。社会学による調査研究は、どうすれば「ともに生きていくこと」に貢…

【募集終了】単著を出します! 原稿を一緒に検討してくださる方を探しています!―『移動する地域社会学―自治・共生・アクターネットワーク理論』

現在、単著『移動する地域社会学―自治・共生・アクターネットワーク理論』の出版に向けて準備を進めています。 私の研究歴はこれまで、地域社会学→医療社会学→科学社会学と変遷してきましたが、2年前に地域社会学のポストを得たことで、ようやくまとまっ…

伊藤嘉高「岸政彦の『生活史』をアクターネットワーク理論と接続する」『現代思想』2023年9月号掲載

今年度の「社会調査実習」では、高齢者の住まいに焦点を当てたライフヒストリー調査を実施しています。そこで、前期は先行研究の収集・整理を行うとともに、受講者の約半数が2年生でしたので、「ライフヒストリー調査の方法をきちんと考えておこう」というこ…

伊藤嘉高「自治体病院再編をめぐる『批判』とコスモポリティクス:青森県西北五地域を対象として」『年報 科学・技術・社会』Vol.32掲載

私の専門領域は、地域社会学→医療社会学→科学社会学(アクターネットワーク理論)と変遷し、現在は地域社会学に戻ってきています。とくに医療社会学への転向は就職先のポストに影響を受けた結果であり、それまでの研究とはまったく無縁の研究を行ってきまし…

学生による情報発信「新潟大学人文学部学生プロジェクト」にご声援を!

(本記事は新潟大学人文学部『学部だより』29号に掲載したものの再掲です。) コロナ禍は学生から対面的コミュニケーションを奪いました。学生生活に必要な情報を他の学生から得る機会が失われ、その結果、自分から積極的に動かなければ情報が得られにくく…

社会福祉士国家試験のための『レビューブック』『クエスチョンバンク』2023-24【監修、解説】

社会福祉士国家試験の定評ある解説書『レビューブック』の監修と問題集『クエスチョンバンク』の問題解説を担当しました。 『クエスチョンバンク』は、直近の第35回の「社会理論と社会ステム」の問題(35-15~21)と「保健医療サービス」の1問題(…

伊藤嘉高「アクターネットワーク理論と記述的社会学の復権」『現代思想』2023年3月号掲載

私がブリュノ・ラトゥールの議論を本格的に追いかけるようになったのは、ごく最近のことである。その最初のきっかけは、最初の就職先であった医学部の医師たちとの会話である。彼/彼女らに社会学の議論を紹介すると、面白いかどうか以前に、まずもって「それ…

窓ガラスたちによる統治~西川純司『窓の環境史』ご恵送御礼

窓ガラスは透明な存在だ。窓ガラスの向こう側の世界をありのままに見せてくれる。しかし、本書『窓の環境史』が描き出しているのは、そんな窓ガラスが、公衆衛生などの実践のなかで人間と非人間の関係を組み直し、人間と非人間が織りなす世界、つまりは、生の…